So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク


前の10件 | -

H24年度 新国家公務員試験の変更について [H24年度 新国家公務員試験 変更]

公務員試験一発合格DVD 松元喜代春 公務員試験合格プログラム DVD4枚組み+特典DVD2枚付


2011-05-09追記
公務員ビジネス専門学校の資料を提供いただいた方から、ブログに掲載して良いと言っていただきました。 なお、一部変更の可能性もあります。 その度に修正しますので、時々チェックしてみてください。(著作権がありますので、他のサイトへのコピペ、印刷しての配布などはご遠慮ください。)

平成24年度 新国家公務員試験の概要
※現試験の国家Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ種は廃止され、総合職・一般職に分かれる。
◎総合職試験
◎一般職試験
◎専門職試験

平成24年度 新国家試験基礎能力試験内容
◎画像

平成24年度 旧試験とH24年試験区分比較
◎画像

平成24年度 新国家公務員試験の概要【初級】【中上級】
◎画像



2011-05-03
2010.8.10に人事院から国家公務員採用試験が変わる(24年度分から)ことが発表されたことはご存知だと思います。

わたしの知人、公務員の専門学校の方からも資料をいただいたのですが、ご自分で作られたので、著作権があるのではないかと思います。

平成24年度新国家公務員試験概要
平成24年度新国家公務員試験改正点

これ2点ですが、

それをこの場で全部載せるのはどうかと思いますので、ちょっと調整してみたいと思います。



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

平成24年度新国家公務員試験 変更 総合職試験 [H24年度 新国家公務員試験 変更]

公務員試験一発合格DVD 松元喜代春 公務員試験合格プログラム DVD4枚組み+特典DVD2枚付

平成24年度 新国家公務員試験の概要
※現試験の国家Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ種は廃止され、総合職・一般職に分かれる。
◎総合職試験
◎一般職試験
◎専門職試験

平成24年度 新国家試験基礎能力試験内容
◎画像

平成24年度 旧試験とH24年試験区分比較
◎画像

平成24年度 新国家公務員試験の概要【初級】【中上級】
◎画像


総合職試験

 総合職試験の採用区分は、院卒が「法務」・「行政」・「人間科学」・「工学」・「数理科学・物理・地球科学」・「化学・生物・薬学」・「農業科学・水産」・「農業農村工学」・「森林・自然環境」の9区分に、大卒が「政治・国際」・「法律」・「経済」・「人間科学」・「工学」・「数理科学・物理・地球科学」・「化学・生物・薬学」・「農業科学・水産」・「農業農村工学」・「森林・自然環境」・「教養」の11区分となる。総合職が現在の国Ⅰに該当していると考えると、「行政」が廃止、「人間科学」・「理工」・「農業」が統合・名称変更となる。

 また、院卒の「法務」は「新司法試験合格者が受験条件」、大卒の「教養」は秋季試験(つまり現国Ⅲと同じく9月)実施となり、こちらは短大卒も可能で、国Ⅰ・Ⅱ融合型である。「教養」区分の登場で、一般職大卒と合わせると大卒者は国家公務員行政職を春季と秋季の2回受験可能となるが、その一方で年齢の上限が「34歳迄から29歳迄」と引き下げられ受験回数は減る。

 一次試験は、院卒・大卒とも、「基礎能力試験」(名称変更)・「専門試験」の多枝選択式で現行試験と一見変わらないようにえるが、
①基礎能力試験は、「時事」3題必須→「知識13題に含む」、「知能」22題→27題に増、「知識」20題→13題に減、試験時間30分縮小
②行政の二次専門(記述)に民事訴訟法追加
となり、基礎能力試験(試験時間は縮小されても知能系問題数増)・専門試験とも負担が増える。

 また二次試験は、院卒・大卒ともに「実務能力重視」・「プレゼン能力重視」になり、
①院卒の内「法務」は「政策課題討議」(1時間30分)・「課題に関するプレゼン・グループ討議」・「性格検査」・「個別面接」、他区分は「専門記述」(選択式)・「政策課題討議」(1時間30分)・「英文含む課題に関するプレゼン・グループ討議」・「性格検査」・「個別面接」
②大卒は、「専門記述」(「経済」区分のみ「必須+選択」で他は「選択」)・「政策論文」・「性格検査」・「個別面接」となっており、現行国Ⅰの「総合論文」は「政策論文」になり、内容も「英文含む資料を基にした政策の企画立案」となる。

新設の「教養」区分は、
①一次試験は「基礎能力試験」が、「Ⅰ部」(2時間24題。知能系の文章理解・判推・数推・資料解釈)・「Ⅱ部」(1時間30分30題。知識系の自然・人文・社会・時事)で構成され知識・知能系とも負担増
②一次試験に専門試験は課されないが、「総合論文」(政策立案・政策課題)が課される
③二次試験は、「政策課題討議」(2時間。課題に関するプレゼン・グループ討議)・「企画提案(2時間。課題・資料に基づく)」・「小論文・口述(1時間。小論文についてのプレゼン・質疑応答)」・「性格検査」・「個別面接」
となる。

スポンサードリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

平成24年度新国家公務員試験 変更 一般職試験 [H24年度 新国家公務員試験 変更]

公務員試験一発合格DVD 松元喜代春 公務員試験合格プログラム DVD4枚組み+特典DVD2枚付

平成24年度 新国家公務員試験の概要
※現試験の国家Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ種は廃止され、総合職・一般職に分かれる。
◎総合職試験
◎一般職試験
◎専門職試験

平成24年度 新国家試験基礎能力試験内容
◎画像

平成24年度 旧試験とH24年試験区分比較
◎画像

平成24年度 新国家公務員試験の概要【初級】【中上級】
◎画像


一般職試験

 一般職試験の採用区分は、大卒・短大卒が「行政」・「電気・電子・情報」、「機械」・「土木」・「建築」・「物理」・「化学・生物・薬学」・「農学」・「農業農村工学」・「林学」の10区分に、高卒が「事務」・「技術」・「農業」・「人間科学」・「農業土木」・「林業」の6区分となる。大卒・短大卒が現在の国Ⅱに該当していると考えると、「資源工学」が廃止、「化学」が「化学・生物・薬学」に改組、「農業土木」が「農業農村工学」に名称変更となる。

 大卒・短大卒は区分自体は大きな変更は無いと言えるが(年齢制限も変更無し)、高卒は厳しくなる。現試験では、国Ⅲは「税務」特に「税務関東甲信越」は採用数も多く、官公庁訪問も無く、最終合格後各管轄国税で採用試験を1回だけ受ければ済んでいた。しかし、新国家公務員試験では「税務」区分は「税務職員」として専門職試験として独立する。さらに、高卒は、「試験実施年度4月1日前以内高卒、実施年度3月迄に卒業見込み」と受験資格が変更され、単純に国Ⅲと比べると、受験回数が1回減る。年齢制限ではなく、「何時高校を卒業したか」が基準となる。

 一次試験の「教養試験」は、総合職同様、「基礎能力試験」と名称変更され、
①大卒・短大卒は基礎能力試験は「知能」25題→27題に増、「知識」20題→13題に減、試験時間10分縮小
②高卒は「知能」23題→20題に減、「知識」22題→20題に減、試験時間10分縮小と負担は減るものの、長年親しみのあった「判断推理・数的推理」は「数的処理・課題処理」に変更となる。なお二次試験は、国Ⅱ・国Ⅲと大きな変更は無いが、「総合職試験」の院卒枠・ロースクール枠・秋季教養区分追加で、その採用枠数分は一般職採用枠から取られる可能性は大きく、「狭き門」となる可能性が大であろう。


スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

平成24年度新国家公務員試験 変更 専門職試験 [H24年度 新国家公務員試験 変更]

公務員試験一発合格DVD 松元喜代春 公務員試験合格プログラム DVD4枚組み+特典DVD2枚付

平成24年度 新国家公務員試験の概要
※現試験の国家Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ種は廃止され、総合職・一般職に分かれる。
◎総合職試験
◎一般職試験
◎専門職試験

平成24年度 新国家試験基礎能力試験内容
◎画像

平成24年度 旧試験とH24年試験区分比較
◎画像

平成24年度 新国家公務員試験の概要【初級】【中上級】
◎画像


専門職試験

 現試験よりも大きく細分化され、また再チャレンジ試験は新試験では廃止される。全体的に社会人枠等が追加され、大卒・短大卒・高卒枠は当然削られるはずなので最終倍率のアップは確実で入りにくくなろう。

 採用区分は、現試験では、「国税専門官」・「労働基準監督官」・「外務省専門職員」・「法務教官」・「航空管制官」・「入国警備官」・「皇宮護衛官」・「刑務官」の8種類であるが、新試験では、「国税専門官」・「労働基準監督官」・「航空管制官」・「入国警備官」・「皇宮護衛官」・「刑務官」に加え(法務教官は「法務省専門職員に改組・解消」)、「食品衛生監視員」(大卒)・「法務省専門職員(人文科学)」(地大卒・短大卒)・「法務省専門職員」(高卒)・「財務専門官」(大卒・短大卒)・「税務職員」(高卒)の5種類が追加され、また、現試験では高卒資格だった「皇宮護衛官」に大卒枠が追加される。

 さらに、「労働基準監督官」はA法文系・B理工系に区分、「法務省専門職員(人文科学)」(現試験の「法務教官」)は矯正心理専門職A・B及び保護観察官が追加される。また、「法務省専門職員」(高卒)・「財務専門官」(大卒・短大卒)・「税務職員」(高卒)の3種類も追加され、「皇宮護衛官」・「法務省専門職員(高卒)」・「刑務官」・「入国警備官」には社会人枠が新設され、「刑務官」はそれに加えて武道A・B枠も追加される。

 社会人枠は、「係員級」として「事務」・「技術」・「農業」・「農業土木」・「林業」区分が新設(受験資格20歳~39歳)、現試験では各府省庁で独自に行われていた「経験者」試験が「係長級」(大卒後5年以上)・「課長補佐級」(高卒後9年以上)の2区分に統一される。

 なお、海上保安大学校・海上保安学校・海上保安学校(特別)・航空保安大学校、受験資格制限に変更は若干あるが基本的には区分の変更は無い。

 試験内容の主な変更点は以下の通りである。
①「国税専門官」・「労働基準監督官」は、一次基礎能力試験が必須+選択→全問必須、「時事」3題必須→「知識13題に含む」、「知能」25題→27題に増、「知識」20題→13題に減、試験時間40分縮小
②「労働基準監督官」一次専門試験(多枝選択)の試験時間10分縮小
③「法務省専門職員(人文科学)」・「航空管制官」の一次基礎能力試験が必須+選択→全問必須、「知能」25題→27題に増、「知識」20題→13題に減、試験時間10分縮小
④外務省専門職員の一次基礎能力試験が、必須+選択→全問必須、45題→40題に減、試験時間10分縮小
⑤高卒程度の試験では、海上保安学校以外の職種で一次基礎能力試験が「知能」26題→20題に減、「知識」24題→20題に減、試験時間30分縮小、「判断推理・数的推理」→「数的処理・課題処理」に変更
⑥海上保安学校の一次基礎能力試験が「知能」26題→20題に減、「知識」29題→20題に減、試験時間1時間縮小、「判断推理・数的推理」→「数的処理・課題処理」に変更
⑦航空保安大学校の一次学科試験が試験時間40分縮小、海上保安学校の一次学科試験で航空・海洋科学課程は試験時間20分拡大、情報システム過程は40題→26題に減、試験時間40分縮小、海上保安大学校の一次学科試験が試験時間1時間縮小となる。

 再チャレンジ試験に代わる「係員級」の社会人試験を、現試験とあえて比較すれば、
①一次基礎能力試験が「知能」23題→20題に減、「知識」22題→20題に減、試験時間10分縮小
②「判断推理・数的推理」→「数的処理・課題処理」に変更
③二次人物試験は集団面接廃止
となる。

 「経験者」試験は、かなりの負担増で、
①一次基礎能力試験が、「多枝選択式で、知能24(文章理解・判推・数推・資料解釈)。知識6(自然・人文・社会・時事)」
②二次試験が、「政策課題討議(課題に関するプレゼン・グループ討議)」・「政策課題論文(政策上の課題解決策・企画立案)」・「総合事例研究試験(事例課題への判断力・決断力・洞察力)」・「論文試験(官職知識・文章表現力・課題理解力)」・「専門試験(記述式の専門知識)」・「外国語試験(外国語和訳・外国語会話等)」・「経験小論文試験(仮称で詳細未定)」と、正直総合職試験よりも相当負担が重い。


スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

H24年度 新国家試験 基礎能力試験内容 [H24年度 新国家公務員試験 変更]

公務員試験一発合格DVD 松元喜代春 公務員試験合格プログラム DVD4枚組み+特典DVD2枚付

平成24年度 新国家公務員試験の概要
※現試験の国家Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ種は廃止され、総合職・一般職に分かれる。
◎総合職試験
◎一般職試験
◎専門職試験

平成24年度 新国家試験基礎能力試験内容
◎画像

平成24年度 旧試験とH24年試験区分比較
◎画像

平成24年度 新国家公務員試験の概要【初級】【中上級】
◎画像


H24年度 新国家試験基礎能力試験内容【H23.4人事院発表】
H24年新国家試験基礎能力試験内容【H23.4人事院発表】.jpg


スポンサードリンク


旧試験とH24年試験区分比較 [H24年度 新国家公務員試験 変更]

公務員試験一発合格DVD 松元喜代春 公務員試験合格プログラム DVD4枚組み+特典DVD2枚付

平成24年度 新国家公務員試験の概要
※現試験の国家Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ種は廃止され、総合職・一般職に分かれる。
◎総合職試験
◎一般職試験
◎専門職試験

平成24年度 新国家試験基礎能力試験内容
◎画像

平成24年度 旧試験とH24年試験区分比較
◎画像

平成24年度 新国家公務員試験の概要【初級】【中上級】
◎画像


旧試験とH24年試験区分比較.jpg
旧試験とH24年試験区分比較.jpg



スポンサードリンク








平成24年度 新国家公務員試験の概要【初級】 【中上級】 [H24年度 新国家公務員試験 変更]

公務員試験一発合格DVD 松元喜代春 公務員試験合格プログラム DVD4枚組み+特典DVD2枚付

平成24年度 新国家公務員試験の概要
※現試験の国家Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ種は廃止され、総合職・一般職に分かれる。
◎総合職試験
◎一般職試験
◎専門職試験

平成24年度 新国家試験基礎能力試験内容
◎画像

平成24年度 旧試験とH24年試験区分比較
◎画像

平成24年度 新国家公務員試験の概要【初級】【中上級】
◎画像



平成24年度新国家公務員試験の概要【初級】平成24年度新国家公務員試験の概要【初級】.jpg


平成24年度新国家公務員試験の概要【中上級】
平成24年度新国家公務員試験の概要【中上級】.jpg




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

公務員予備校の試験対策  [公務員の予備校]




福岡の予備校、公務員ビジネス専門学校で、海上保安(特別)対策補習があったので、見学させてもらいました。
詳しくは⇒コチラ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

公務員の専門学校・予備校の選び方 [公務員の予備校]

公務員試験一発合格DVD 松元喜代春 公務員試験合格プログラム DVD4枚組み+特典DVD2枚付


公務員になるための専門学校や予備校は各種いろいろありますが、どこを選んでいいのか、考えてしまいますよね。  もしかしたら、自分の一生の問題になりますので、よく調べてから決めましょう。

以下はある専門学校の方から寄稿されたものです。 予備校選びの参考にしてください。

①県認可の学校か?
無認可校の場合、学割や通学定期なし。学歴にもならず初任給も高卒のまま。

②校内に多くの公務員合格者掲示があるか?
合格率の高さを謳っているのに合格者掲示がない、または少ない学校は信用できない。

③誇大広告をしていないか?
比較的大手の学校にも見られる誇大広告、数字のマジックの一例
◇分母を削り、合格率を上げる。また、合格数に講座生等を含んで算出。
◇合格者の試験成績順を公表し、自校で高い学力が身に付くよう見せる。
◇一次試験の成績1位合格等の表示であたかも教育レベルが高く見せかける。
最終合格は実際には人物と応用力を最重視。成績下位者でも通る事が大切!
合格すれば成績順は関係なし。入学時に勉強が苦手でも合格できるかがポイント!

④卒業までの学費は明瞭か?
卒業までに補講・面接で追加徴収している学校もあり、気が付けば1年間で学費計が100万を優に超える専門学校や予備校が多い。

⑤授業はやる気のある雰囲気か?
授業崩壊していないか等、在校生や先輩からしっかりとした情報を。
説明会等で派手に楽しい学校をPRするところは要注意。

⑥模試は充実しているか?
毎週本番に準拠した模試を実施しているか。
月1回の統一制のない業者模試ではなく、その学校のオリジナル模試を実施しているか。
解答・解説を配ったままで自学に任せていないか、解説授業が行われているか。

⑦テキストは1科目1冊のオリジナルか?
複数科目で合冊の場合には内容は全範囲を網羅していない。
学校によっては市販高額参考書を強制的に買わされる。

⑧カリキュラムはしっかりしているか?
9月迄びっしりと毎週科目別授業をやっている所は公ビジ以外にはない。
7月で授業が終わり、あとは過去問演習でごまかしている学校もある。
隔週で科目を変えて授業を行なっている学校も多い。


スポンサードリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

公務員の種類 高卒と大卒 [公務員の種類]

公務員試験一発合格DVD 松元喜代春 公務員試験合格プログラム DVD4枚組み+特典DVD2枚付


公務員になるには、高卒、大卒などいろんな道がありますが、職種も多いし、年齢制限もあるので、果たして自分がどういう道を辿ればいいのかが今ひとつピンとこない人も多いのではないかと思います。

最近、予備校である、公務員ビジネス専門学校の方から聞いた話によると、大学を卒業したけれど、就職が難しいので、公務員の資格をとるために勉強しなおしている方も多いとか、、、。 そして、中には、社会人になってから奮起して勉強している方もおられるそうです。

この方はいつもわたしに、「高校を卒業したら、大学へ行くよりも、うちの学校で学んで資格を取った方が就職率が格段にいいよ!」って言われます。 そして、この学校で今一番熱いのが、救急救命士と理学療法士だそうです。

彼は続けて、「こういうことを高校の先生達に話すんだけど、結構頭が固いね。 みんな大学に行かせることしか考えてないもん。 でも同じことを父兄である母親に話すと、すぐに分かってくれるよ!。 なんと言っても、女性は現実的だからね!」、、、って言って笑ってます。w

もし、興味があれば、コチラから資料を請求できますので、どうぞ。
また、私もコチラで公務員ビジネス専門学校のことをいろいろ調べてますので、どうぞ。


さて、最初から話がそれてしまいました。

公務員は高卒、大卒など、どういう道を辿ったらなれるのか、という話ですが、結論から言うと、大部分は職種によって、、、、例えば、大卒でないと成れないというような職種による区別はないそうです。 (一部、学歴を受験資格としているものもあるとのこと)

但し、年齢制限はありますので注意してください。 また、高卒、大卒で、職種の区別はなくても、ランクの違いはあるとのこと。 でもこの部分は就職してから資格試験を受けることによってランクアップも可能だそうです。

ですので、もし、あなたが高卒で、なりたい公務員の職種があるのなら、受験に挑戦してみることをお薦めします。 公務員に限らず、どんな仕事でもそうですが、若いうちにはっきりした目標を持っている方が断然有利ですよね。

分かり易く書くと、、、

高卒、専門学校卒 ⇒ 大学、短大卒 ⇒ 大学院卒 ⇒ 国家公務員、地方公務員採用試験 ⇒ 採用

高卒、専門学校卒 ⇒ 大学、短大卒 ⇒ 国家公務員、地方公務員採用試験 ⇒ 採用

高卒、専門学校卒 ⇒ 国家公務員、地方公務員採用試験 ⇒ 採用

、、、どの道を辿ってもOKってことです。(但し年齢制限あり)


ランクアップについてはまた詳しく専門学校の方に聞いてみたいと思います。


スポンサードリンク









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます